編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

万が一、情報漏えいが発生した場合の損害額は?グローバル調査で分かった驚くべき実態

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2020-06-15

多くの企業でセキュリティ意識が高まっているにもかかわらず、情報漏えい事件は後を絶たない。情報漏えいが一度でも発生してしまうと、取引先や顧客からの信用低下、多額な損害賠償の請求、慰謝料・補償金の支払いなどが発生する。

実際に情報漏えいが発生してしまった場合、企業はどれくらいの損害を受けるのだろうか。

以下の資料は、2018年から2019年にかけて情報漏えいを経験したグローバルの507社・3211人を対象にした聞き取り調査の結果をまとめたものである。情報漏えい時に発生する総コストや平均漏えい件数、1件当たりの損害コスト、漏えいの検知と被害拡大防止にかかる日数などが詳細に記されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]