編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

NIST-CSFを活用、サイバーレジリエンシー向上と事業継続のポイント

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2020-07-10

ランサムウェアや標的型攻撃によって、サイバーセキュリティへのリスク対応は大きく変化した。企業は、ITシステムの停止や破壊はもちろん、機密情報の搾取や重要システムの乗っ取り、諜報活動などに継続的に対応していく必要がある。

こうした状況下で重要になるのが、リスクベースの考え方に基づいたサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)だ。本資料は、SCFを活用してセキュリティ侵害の対応プロセスを可視化し、対処する方法どのように実現していくかを解説したIDCのホワイトペーパーだ。具体的なソリューションとして、NIST-CSFを活用したIBMのサイバー・レジリエンシー・サービスを紹介している。

今日の脅威に対抗するための基礎的な考え方を知ることができる資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]