ホワイトペーパー

【仮想事例】海外拠点ですぐ使える「本社と同じ」コミュニケーション環境

NTTコミュニケーションズ 2016年02月15日

海外で利用可能なクラウド環境が充実したことで、企業の国際展開のスピードも従来に比べ格段に早まっています。とはいえコミュニケーション環境までは「本社と同等」までには至らず、現地のインフラを一部導入するなど不統一なツールで面倒が出たり、時差で連絡が遅延したり、通話や通信のコストが割高になるケースは少なくありません。

本資料は、こうした場面で有効なNTTコミュニケーションズのクラウド型コミュニケーションサービス「Arcstar UCaaS」を紹介します。

同サービスは海外でも利用可能で、電話やメール、ファイル共有、ウェブ会議などのコミュニケーションツールを企業グループ全体で統合することが可能となります。

仮想事例では、移動コストの圧縮を想定した製造業のストーリーを紹介。ぜひお役立て下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]