ホワイトペーパー

企業の成長フェーズ別、ファイルサーバ環境のガイドライン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2014年07月31日

ファイルおよびアプリケーションストレージは、ユーザーSLA要件を満たすために高い性能を求められます。効率的なソリューションを構築するためには、どういった点に気をつけてストレージ設計をするべきなのでしょうか。
本資料では、ディスクタイプ、IOPS、RAID/キャッシュ設定など、ファイルおよびアプリケーション共有環境構築におけるストレージ設計の勘所を3つの企業の成長フェーズ毎にわかりやすく説明いたします。

●初期フェーズ:ファイル共有と機能簡易組織管理ツールを必要としている、小規模ユーザーベースの企業向け
●成長フェーズ:従業員数100人以上の小規模企業向け
●拡大フェーズ:従業員数100人以上かつ大きなワークロードの発生する中規模企業向け

詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]