ホワイトペーパー

企業の全ハードを束ね、クラウドのように使える!期待の「コンポーザブル・インフラ」への道

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2016年12月13日

今後、企業ITの主流は、従来型ITとプライベートクラウドを組み合わせた「ハイブリッド環境」が主流となりそうだ。また同時に、自社のITリソースを「クラウドのように、迅速・柔軟に使いたい」との要求が、ますます高まるはずだ。

本資料は、「コンポーザブル・インフラ」の手法により、こうした課題を解決する「HPE Synergy」のガイドだ。

HPE Synergyの最大の目的は、「ITインフラ全体をプログラマブルにする」ことに尽きる。サーバ、ストレージ、ネットワークといった全リソースをリソースプールに束ね、統合的に管理し、必要に応じて柔軟に配分するという発想だ。

それにより得られるメリットは計り知れない。

統合管理と自動化の推進、さらにセキュリティレベルの向上も見込める。昨今のIT環境の複雑化は、同時にサイロ化の深刻化も招いたが、コンポーザブル・インフラは、その弊害も解決できるアプローチとなるのだ。

詳細はぜひ、ダウンロードでご覧頂きたい。

[関連ページ]
ビジネス変革に対応できる柔軟なIT基盤
http://h50146.www5.hpe.com/products/servers/news/promotion/synergy/

日本ヒューレット・パッカード株式会社
日本ヒューレット・パッカードパートナーおよび当社担当営業とお取引があるお客さまは直接担当者へお問い合わせください。
下記URLからもご注文・ご相談を承ります。

[お問い合わせ先]
http://www8.hp.com/jp/ja/hpe/contact/sales.html

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)