ホワイトペーパー

表計算ソフトでの顧客管理は、もう限界!現場の悩みを解決し営業組織を強くする。CRM導入検討は今

マイクロソフト 2016年01月04日

表計算ソフトによる顧客情報のリスト化と商談状況を含めた定期的な顧客情報更新。
こうした商談・顧客管理では、もう今の時代のビジネスには対応できない事に誰もが気がつきはじめています。

では、実際に現場の営業マンが抱える課題にはどのようなものがあるのでしょうか。
○商談・顧客管理ファイルが多すぎて更新や管理が大変
○ファイルは上司報告用、他部門との連携には使えない
○商談・顧客管理ファイルだけでは営業アクションに移れない
○過去の商談を参照しにくく、今の商談に活かせない
○会社に戻らないと大事な情報の入力・報告ができない

こうした悩みを解決して、社内でキラリと光るデキる営業組織に変身するには?
その答えが顧客関係管理(CRM)システムの導入です。
本資料では商談・顧客管理の課題を解決するためのポイントと、表計算ソフトの限界を超えるためのCRMソリューション活用の勘所を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]