編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

ホワイトペーパー

VMwareで構築した既存資産をIBM Cloudへ!いま最も重要な取り組みを動画で詳しく確認する

日本アイ・ビー・エム株式会社(Cloud) 2021-03-30

クラウドシフトの流れの中で、企業が長年蓄積したオンプレミス資産との連携はビジネス視点のIT基盤として、いま最も大きな課題だ。有力な選択肢としてIBMは、VMwareで構築した仮想マシン環境をクラウド移行する「VMware on IBM Cloud」を提供している。

この動画では、Red Hat買収を通じてオープンイノベーションを続けるなど着実に展開するIBM Cloudの戦略に加え、VPC Generation2、AIXやIBMi、OpenShift、分散クラウド対応、大阪リージョンなど最新アップデートを紹介する。

VMware on IBM Cloudでは、企業の「Journey to Cloud」を支えるサービスとしてコンテナ化をはじめとした多くの導入効果をカバーした上で、時間課金、金融機関特化型環境の提供、SAP対応ハードウエア、NSX-Tなどに関する最新の対応状況を解説している。さらに、事例、ロードマップ(一部は口頭のみ)についても解説するなど、IBMの取り組みをまとめて確認できる内容になっている。ぜひご覧になっていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]