ホワイトペーパー

爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

日本アイ・ビー・エム株式会社(C-Suite) 2017年10月06日

「まだピンと来ないかもしれないが、変化は確実に起こっている」――企業ITを取り巻く環境はいま、どのような変化を見せようとしているのだろうか。そして、われわれはどのようにこの変化に備え、対応すべきだろうか。

企業は人間の処理能力を超えた、これまでにないほどの爆発的な量のデータを活用し、ビジネスを展開していななければならない。しかも、その活用すべきデータの種類は、既存の社内システムに蓄積してきた構造化データだけに限らない。画像や動画といった非構造化データ、そしてSNSやニュースなど企業の外にあるデータを合わせ、かつその活用の粒度を上げる必要がある。

活用すべきデータの量が人間の処理能力を超えているならば、何が必要だろうか。それは「AI」の力だ。
だが、AI は単体で存在しているだけでは力は発揮できず、そのバックエンドとしてデータベースや既存システムとの連携をサポートした複雑なシステムが欠かせない。そして、その複雑なシステムをすばやく、スモールスタートで展開するには「クラウド」の利用が不可欠だ。

つまり、膨大な「データ」を活用するには「AI」が必須であり、その「AI」をフルに生かすには「クラウド」が必須である。その三者をうまく活用することが、変化に直面する企業が生き延び、成長する鍵となるとIBM三澤氏は述べる。

この3つの鍵を使い、「かつてない変化」に対応するにはどうすればよいのだろか。
詳細はダウンロードし、ご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)