ホワイトペーパー

オリンパスがグループ全体のOSSライセンス管理を実現した方法とは?

ブラック・ダック・ソフトウェア&ベリサーブ 2015年03月05日

OSSを含むソフトウェア開発におけるコンプライアンス管理の徹底を目標に掲げたオリンパスグループ。
そのためには製品部門ごとへのプロセスの組み込み方、信頼できるツールの選定とその共通管理方法、
徹底管理のための社内教育方法をあきらかにする必要がありました。

それでは、どのようにして以上の課題をクリアし、
コンプライアンスを遵守しながら、より迅速なOSSを含むソフトウェア開発を可能にしたのでしょうか?

本資料ではOSSライセンスコンプライアンス管理徹底のために
「ポリシーの策定と推進」、またそれをサポートした「ツール」、
「社内教育、ナレッジ共有」へ取り組んだ軌跡について紹介します。

詳細は資料をダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]