ホワイトペーパー

DW-as-a-Service(データウェアハウス アズ ア サービス)-クラウドで実現するDWH

日本アイ・ビー・エム株式会社(Analysis) 2015年09月30日

これまでデータウェアハウスの構築には莫大な予算と多大な労力が必要でした。特定のデータウェアハウス・ソフトウェアを選択し稼働させるハードウェアとストレージの調整。そして物理構成が決定後も分析作業を実現するための物理システムと論理データ・モデルの構築などです。さらに都度都度の構築時に、
・データ処理の適切なバランスがとれているか
・適切なハードウェアを調達しているか
・システム上でデータが正しく分散しているか
・ハードウェアは最新のものであるか?また最新のテクノロジーと互換はあるか
などの項目を考慮しなくてはなりませんでした。
本資料ではクラウドコンピューティングにて、データウェアハウスを数分で稼働させることを実現したIBM dashDBについて紹介します。
ユーザーはインフラへの投資なしに必要な時に必要な機能を利用し迅速なビジネス展開を実現する。
詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)