ホワイトペーパー

【仮想事例】統合バックアップ環境を整備したものの ……サイジングの落とし穴

arcserve Japan合同会社 2017年06月06日

部隊は都市部を中心に多くの店舗を展開する、中堅小売業の情報システム部。さまざまな規模のシステムが混在していたため、個々のバックアップデータの健全性チェックなどに割く時間も確保できていなかった。定期的な健全性チェックやコスト削減のためサーバは自社でサイジングして構築するという計画を行った。しかしここで情報システム部が陥った落とし穴とは?

<ダイジェスト>
・重複排除処理の負荷でバックアップジョブ所要時間が大幅に伸びてしまった
・通常ではありえないほどの時間がかかり、通常業務に支障が出てしまうほど
・処理の遅延を招いたのは、選定時の思わぬ落とし穴だった
・重複排除を使えるようにするためには、追加投資が必要だと判明
・バックアップに関する将来的な計画は凍結を余儀なくされる

情報システム部は、どのような選択をすべきだったのか?
いつ起きてもおかしくないデータ消失の悲劇。本資料でよくあるケースをご確認下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)