ホワイトペーパー

ユーザー1100人への調査からわかった世界各国の「成熟レベル高」組織が実践する5つの法則

株式会社セールスフォース・ジャパン 2023-06-01

データドリブンな組織を実現する際に大きな課題となるのが、データを利用する際の人の行動や信念の欠如だ。組織がデータとアナリティクス技術を活用するためには、人材に重点を置き、意思決定においてデータを優先する文化、つまり「データカルチャー」を構築する必要がある。データカルチャーを醸成するためには、組織全体に浸透しているデータの利用方法を正確に把握し、データの利用に関するギャップや阻害要因を特定し、そのギャップを解消するための戦略を実行するという組織一丸となった努力が必要だ。では、どのようにすればこうしたデータカルチャーを醸成できるのか。
本資料では、世界各国のユーザー1100人へのヒアリング調査を分析し、データ活用の「成熟度レベル高」の組織に共通して見られる経営層や社員の価値観、行動、姿勢を5つの法則としてまとめることで、データカルチャーを醸成するヒントを提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]