ホワイトペーパー

HadoopもSAP HANAも「使うだけ」--全部入り提供がもたらすメリットを解説

デル株式会社(ESG) 2016年04月08日

サーバ、ストレージ、ネットワークなどを個別に組み合わせる「従来型のシステム構築」では、ビジネスの変化に対応できない--。

本資料では、こうした企業の事情に対応したソリューションである、デル「ビッグデータ Blueprint」を紹介します。
ユーザーのワークロードに対応し、最適化を施した「ハードウェア」「ソフトウェア」「サービス」の一体提供が、いかにビジネスに威力を発揮するのか。そのポイントをまとめています。

・完全検証済
・オープンテクノロジー
・運用最適化
・モジュラー構成

を特長として、ソフトウェアとしては

「Dell |Cloudera Apache Hadoop Solution」
(ビッグデータ時代に適合した、並列分散処理基盤のためのベストプラクティス)
「Dell Engineered Solutions for SAP HANA」
(インフラとアプリケーションのデリバリを最適化する「インメモリコンピューティングアプライアンス」)

を、それぞれ選択可能。
資料では、これらを搭載するハードウェア構成などを具体的に解説しており、よりクイックな導入に対応可能であることが理解できます。
詳しくは、ダウンロードして全文をご覧下さい。

Dell Blueprintのソリューションは、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したプラットフォームを基盤として活用しています。

Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]