ホワイトペーパー

IoT変革に対応する--RedHat Intelligent System Framework

レッドハット株式会社(OpenStack) 2015年11月05日

近年、スマートデバイスの移行が急速に進み、いつでもどこでもインターネットがつながる状況になり、IoT(Internet of Things)に対応したデバイスも増加しており、2020年には500億台のIoTデバイスが登場すると予測されております。付随して大量のデータも生まれ位階に効率よくスピーディに処理できるかが課題になります。

今回はIoTが進む中でRed HatのIoT時代を勝ち抜く4つのソリューションを紹介します。

【Red Hatの4つのIoT Broker Solution】
・センサー信号をバックエンドシステムに通知、監視、蓄積するStandard Solution
・SAPやsalesforce, Amazon S3、既存システムと連携するfor Enterprise Connecting Solution
・インメモリデータキャッシュ & ビッグデータをリアルタイムに解析するfor Real-Time Big Data Solution
・繋ぎたいときにすぐに繋ぐことができる IoT接続サービスを実現するfor Cloud PaaS Solution

本資料では各製品のソリューションの詳細をご紹介いたします。

<詳細は資料をダウンロードください>

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)