ホワイトペーパー

サイバー犯罪を遂行する「悪意のボット」、その脅威からどう自社を守ればいいのか?実態と対策

F5ネットワークスジャパン合同会社 2018年08月16日

自立プログラムであるボットは、今やインターネットのあらゆるサービスに欠かせない存在となっている。例えばオンラインショッピングサイトを思い描いたとき、マシンラーニングやニューラルネットワーク技術でますますスマート化したボットが、顧客体験の向上に大きく寄与していることがおわかりいただけるだろう。

しかしながらボットは、人々の生活をより豊かにする一方で、ソフトウェアやビジネスプロセスの弱点を狙う攻撃者の活動もまた快適にしてしまっている。直接的な消費者への詐欺行為をはじめ、IPアドレス窃取や不当利益行為などを目的に、攻撃者はボットを用いてDDoSや知的財産窃取、競合情報分析などによるサイバー犯罪が可能になっているのだ。

本資料には、悪意あるボットがもたらす脅威の最新動向とともに、そうしたボットと“戦う”ために有効な各種アプローチが示されている。それを知ることは、組織の持続的な成長にもつながる──と言っても過言ではないだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]