ホワイトペーパー

IIJ GIO CHINAサービス VWシリーズ 3つの活用パターン

株式会社インターネットイニシアティブ 2016年03月15日

IIJが新たに中国で提供を開始したIIJ GIO CHINAサービス 仮想化プラットフォーム VWシリーズは、仮想化製品のスタンダードであるVMwareのvCenterを含むvSphere環境の管理者権限をユーザーに開放し、オンプレミスでのVMware環境と同様、自由度の高い柔軟な仮想化環境を実現している。さらに、ネットワークI/Fは 10Gbpsをサポートし、VMwareのFT(Fault Tolerance)、 vMotion、ESXiサーバー間通信の動作が格段に高速化した。ESXiサーバーとストレージの接続には信頼性の高いFCタイプを採用することにより、ミッションクリティカルなデータを扱うユーザーや金融系のユーザーでも安心して利用できる仕様となっている。本ホワイトペーパーでは、VWシリーズの活用方法として、DR・バックアップサイト、オンプレミスサーバーの集約先、そして既存システムとのハイブリッド利用の3パターンを説明する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]