ホワイトペーパー

できる次世代セキュリティ対策--レッスン形式で解説!「Cisco ASA」で統合脅威管理を構築

株式会社シスコシステムズ合同会社(セキュリティ) 2016年09月08日

標的型攻撃による深刻なセキュリティ被害が増えている。こうした高度な最新の手口による攻撃を防ぐには、IPSやアンチウイルス/マルウェア機能、次世代ファイアウォールなど複数のセキュリティ対策機能を網羅的に搭載した統合セキュリティアプライアンスの設置が有効だ。

本小冊子「できる 次世代セキュリティ対策 Cisco ASA版」は、シスコのセキュリティ対策製品の中で中心的な役割を担う統合セキュリティアプライアンス「Cisco ASAシリーズ」について、豊富なイラストを使ったレッスン形式でわかりやすく紹介。最新のセキュリティ被害の状況を紹介するとともに、その対策としてCisco ASAがどのような役割を果たし、実際にどのように導入すればよいのかを解説していく。

Cisco ASAには、中小規模の企業向けの製品もラインナップされている。ネットワーク機器ベンダーとして長年培ってきたシスコは、同時に世界有数のセキュリティベンダーでもあり、これまで大企業向け製品でセキュリティ技術を培ってきた。この信頼性と技術力を、より幅広い企業規模で導入しやすくした製品がCisco ASAなのだ。

本小冊子は、標的型攻撃の基本を知りたい方、統合セキュリティアプライアンスに興味がある方、Cisco ASA の特徴をさらに知りたい方におすすめの資料となっている。ぜひ、ダウンロードして自社のセキュリティ対策の参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]