ホワイトペーパー

AIやハイブリッドクラウド技術でIT環境をスマート化する「インテリジェントストレージ」の全貌

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2019年03月04日

大量のデータには、企業が運用を改善し、収益性を高めるのに役立つ貴重なデータが含まれている。しかし、IT部門がこれらデータを活用するのは容易ではない。ストレージ環境が複雑化、サイロ化するなか、適切なデータを入手、保存し、適切な時間と場所に展開することが日に日に難しくなっている。
 こうした状況を受けて、HPEが取り組んでいるのが、AI(人工知能) や予測分析、ハイブリッドクラウド技術などを活用したインテリジェントなストレージの提供だ。このソリューションを利用すると、管理者が問題を認識する前にその86%を特定して解決し、ストレージ関連の運用コストは79%も削減できるという。
 本資料は、HPEのインテリジェントストレージについて、目的、要件、効果とメリット、活用方法などをまとめたビジネスホワイトペーパーだ。その全貌を知ることで、ビジネスへの意思決定にも役立つ。ぜひダウンロードして内容を確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]