編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

ストレージ基盤のパフォーマンス低下やコスト負担に悩んでいませんか?事例に学ぶ解決策とは

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2019-03-04

システム全体のパフォーマンスと信頼性、保守性をいかに向上させるかというのはすべての企業にとって永遠の課題だろう。加えてサービス事業者であれば、ITインフラの減価償却やキャッシュフローを考慮しながら収益を最大化することは、重要かつ難しいテーマとなる。

この大きな課題を解決したのが大塚商会だ。同社は、自社が提供する中小企業向けクラウドサービス「たよれーるクラウドIaaS 」のストレージ基盤の更改に当たり、HPE 3PAR StoreServ 8400オールフラッシュアレイを採用。パフォーマンスと信頼性、保守性を向上させ、より高品質なクラウドサービス提供を実現したのである。また機器調達に際してオンプレミス環境を月額従量課金制で利用できるサービスを選択したことで、ビジネスの成長に合わせたインフラ投資も実現している。

本資料には、大塚商会がクラウドサービス基盤を刷新し、パフォーマンスの飛躍的向上とビジネススピードへの即時対応を実現した経緯が収められている。“第1世代のストレージ比で8倍以上のIOPSを発揮”というその効果をぜひご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]