編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

ヴイエムウェア株式会社 2020-06-09

「2025年の崖」を乗り越えるために、多くの企業がビジネスの競争力強化を目指し、レガシーシステムとクラウドネイティブなモダンアプリケーションの共存の実現に取り組んでいる。

しかし、アプリケーション開発者の多くは迅速にインフラを整えたいと考えている一方で、IT管理者は既存インフラの安定稼働や保守を重視する傾向にある。このように両者のニーズが対立すると、シャドーITの蔓延やテクノロジー導入の遅れなどが発生し、結果としてアプリケーションのモダナイゼーションは厳しくなってしまう。

そういった両者のニーズを両立させるべく、ヴイエムウェアが発表したのが、Kubernetesを中心に据えたモダンアプリケーション向け統合プラットフォーム「VMware Tanzu Portfolio」と、モダンアプリケーションをサポートするハイブリッドクラウドプラットフォーム「VMware Cloud Foundation 4 with Tanzu」である。

本資料では、それぞれの製品に新たにリリースされたコンポーネントの特長を紹介するとともに、2製品の組み合わせを活用することによってアプリケーション開発者とIT管理者の双方にもたらされるメリットを解説している。ぜひご一読いただき、「2025年の崖」を乗り越えるための競争力を手にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]