ホワイトペーパー

IDC調査資料:ビジネスのデジタル化の両輪-飛躍のためのデータ分析力と糧となるストレージ基盤

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_Flash) 2017年04月01日

インターネットやモバイルデバイスの普及によって社会そのもののデジタル化が進み、非構造化データを含む多種多様なデータの「量」と「分析力」が市場における競争力を左右するようになっています。

その結果、多くの企業があらゆるデータを収集するようになりました。しかし、データを貯めるためにストレージを無尽蔵に購入することは困難です。
データ分析力の根本となる大量のデータをいかに整合性のとれた形で保存できるかが、データ分析力を高める重要なファクターなのです。

そして今、ストレージをめぐる状況は大きく変化しています。普及期に入ったフラッシュストレージの活用が今後のストレージ選択において必須である一方、低コストで大容量データを保存できるストレージも不可欠です。

本資料では、近年のデータ分析の潮流を分かりやすく整理するとともに、データ分析における多様なユースケースに応じて組み合わせられる具体的なストレージソリューションを紹介しています。
データ分析力の強化を目指すIT部門の皆様はぜひご覧ください。ストレージソリューションを紹介しています。データ分析力の強化を目指すIT部門の皆様はぜひご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)