編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

クラウド、アプリケーションにまたがるネットワークの運用負荷、複雑な管理をソフトウェアで解決!

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2020-01-30

本資料は、先進的なネットワーク仮想化プラットフォームソフトウェア「VMware NSX Data Center」の基本的な機能および導入メリット、代表的なユースケースなどをまとめたものである。

ある程度の規模の仮想環境を構築すると、ネットワークまわりの管理負荷が増大し、設定変更やネットワーク機器の交換などでも、多大な時間を要することがある。それらの課題を解決するソリューションとして、VMwareは、物理ネットワーク構成にとらわれず、データセンター、クラウド、アプリケーションにまたがるネットワークをソフトウェアで構築するVMware NSX を提供している。

VMware NSX Data Centerは既存の物理ネットワークはそのままに、その上に新たなネットワークをかぶせるオーバーレイ方式の仮想化技術を採用している。これによりネットワークの仮想化、抽象化が実現し、物理ネットワークから分離された状態で仮想マシン同様にネットワークを一元管理できる。

VMware NSX Data Centerによる仮想環境でシステムを稼働させる大きなメリットは、セキュリティを大幅に強化できるとともに、インシデント発生時に被害を最小限に食い止める「マイクロセグメンテーション」を実行できる点だろう。本資料では、こうしたセキュリティ面でのメリットやユースケースについても詳しく解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]