ホワイトペーパー

情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

ServiceNow Japan株式会社 2017年06月30日

PC管理担当者がマルウェアについての情報を把握していても、その経緯がITインフラ担当者に伝わっていない──そんな状況があなたの社内では見られないだろうか?多様化・複雑化した現在のセキュリティ対策では、部門間の壁や運用アウトソース先などとの壁もあり、多くのセキュリティチームでは情報のシェアが適切にできていないというのが現実なのだ。

このように“つぎはぎ状態”になりがちなセキュリティ対策と運用のままでは、いざ大きなインシデントが発生したときなどには情報収集等に手間取り、対応が遅れがちになってしまうだろう。それは企業にとって深刻なリスク要因となるのは言うまでもない。

こうした課題を解決するには、検知や防御に優れたセキュリティ製品を利用するだけでなく、関係者間で情報を共有し、スピーディーかつ確実に対策を遂行できる仕組みを構築しておくことが重要になる。

これを実現するのが、ITサービスマネジメントベンダーServiceNowと、セキュリティベンダーのパロアルトネットワークスによる連携ソリューションだ。本資料では、両社の担当者が、「脅威インテリジェンスの活用と自動化」による人手に頼らないセキュリティ対策の必要性や実現方法について紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)