ホワイトペーパー

手動での対応はもう限界! セキュリティ・インシデント対応、脆弱性対応までを自動化するには

ServiceNow Japan合同会社 2018-03-09

セキュリティインシデントの特定と対処がますます難しくなってきた。米国のCSOを対象に行われたある調査では、企業は平均して75種類のセキュリティ製品を使っていることがわかったという。セキュリティ製品から出力されるログは1日数千件から数万件に達する。とてもではないが担当者が目視でチェックすることは不可能に近い。

そこで求められるのが自動化だ。さまざまなITツールを統合して、インシデント対応と連携させる必要がある。そうしなければ、今後も増え続けるインシデントログで運用担当者にはなす術もなくなるだろう。では、どのような統合ソリューションを採用すればいいだろうか。ポイントは、そのソリューションがどういった運用体制になっているか、それを使って、どういったユースケースに対応できるかだ。

本資料では、セキュリティインシデントと脆弱性対応を合理化していくために必要なソリューションの要件を、セキュリティオペレーション体制と、セキュリティ・インシデント対応、フィッシングメール対応、脆弱性対応の3つのユースケースから紐解いている。ぜひダウンロードして、自動化のヒントを探ってほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]