編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

いまなぜ、セキュリティインシデントと脆弱性への対応の重要性が叫ばれているのか?

ServiceNow Japan合同会社 2022-01-12

サイバー脅威が高まる現在において、セキュリティインシデントと脆弱性への対応は継続的なプロセスであると言えるだろう。重大なインシデントへの対応が遅れると、深刻な結果を招く可能性があることを忘れてはならない。しかしながら、多くの企業ではセキュリティチームは常に人員不足の状況にあり、アラートへの対応が負担になっているという課題を抱えている。そうした課題解決のための効果的なアプローチとなるのが、自動化とオーケストレーションの導入だ。これにより、セキュリティチームは効率性を向上し、迅速に対応できるようになるため、企業としても多大な恩恵を受けることができるのである。
本資料では、セキュリティインシデントと脆弱性を素早く解決する「ServiceNow Security Operations」について、具体的な利用事例を交えて詳しく解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]