ホワイトペーパー

セキュリティ人材不足をカバーできる「最適なクラウドセキュリティ技術」の選び方

ServiceNow Japan合同会社 2024-07-08

多くの企業・組織が「クラウドファースト」の下で積極的にクラウド採用を進める中、クラウドのビジネスメリットに気を取られ、リスクとセキュリティに目が向いていないのが現状だ。実際、クラウドはセキュリティとコンプライアンスのリスクを高くし、新たな脅威を生み出す。

特に、巧妙化するサイバー攻撃とデータプライバシー侵害という二重の脅威の存在は見逃せない。ただ、クラウドを保護するには適切なスキルが必要であり、それ自体が課題だ。多くの組織でクラウドセキュリティに精通した人材は不足しているため、少ないリソースで多くのことを行う必要性がある。

そこで重要となるのが、適切なクラウドセキュリティのテクノロジーを選択することだ。クラウドのセキュリティとリスクの管理プロセスを自動化したり、信頼性やレジリエンス、拡張性を向上させるテクノロジーを探す必要がある。具体的にどう選んでいけばいいのだろうか。以下の資料では、クラウドセキュリティとリスク管理の強化に適したテクノロジーを選択するコツを紹介。セキュリティに精通する人材を獲得する必要性を低減できる方法をぜひ確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]