ホワイトペーパー

【事例】IoTビジネスを新規展開!その条件となった「革新的」ハード調達モデルとは

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年03月24日

本資料は、期待のかかるIoT事業に乗り出しつつも、ハードウェアの負担を従来より大幅に抑えることに成功した事例だ。

登場するのはデータセンター事業者。「新サービス開始の際は、スタート時点からあまり大きな規模の在庫を持ちたくない」という難条件で事業モデルを構築すべく、模索していた。

成功のカギとなったのが、「サーバやストレージ、ネットワークなどのITリソースを利用企業内に設置し、月次の利用量に応じた料金で利用する」というサービスだ。それが「HPE フレキシブルキャパシティ」である。サーバを始めとするITソースを利用企業内に設置し、月次の利用量に応じた料金で費用が発生する仕組みだ。

本資料では、同サービスのメリットや導入効果を詳しく紹介。データセンター事業者のみならず、プライベートクラウドを構築している企業にとっても参考になる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)