ホワイトペーパー

Accenture社の成功に見るオンプレミス+パブリックの“いいとこ取り”の新たな運用サービスモデル

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年12月18日

世界120カ国40の業界にわたって事業展開するAccenture社。急速に進化する今日のテクノロジーの最前線を牽引する同社は、戦略、コンサルティング、デジタルプラクティス、テクノロジーイノベーション、運用などのさまざまな領域にわたって、幅広いサービスとソリューションを提供している。そんなAccenture社が、多様かつ進化する顧客ニーズに対応可能なソリューションの基盤として大きく依存するのが、ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)の「フレキシブルキャパシティ」サービスである。

同社が「フレキシブルキャパシティ」を活用することにより、クライアントはパブリッククラウド環境と同じようなシンプルさと柔軟さで、オンプレミスのハードウェアとソフトウェアを保有できるようになった。これにより、顧客や業界のトレンドに合わせたバンドルソリューションを提供できるようになったAccenture社だが、本資料には同社の成功のシナリオとともに、担当者の生の声が収められている。自社に最適な要件のIT環境をクラウドモデルと同様の課金モデルや運用形態で手に入れたいと考えるすべての人に目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)