編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

【事例】社員個人の能力を最大限に引き出すために、ジャフコが選んだ情報共有手段とは

Box Japan 2019-01-07

ビジネスで扱うデータ量がますます増加するなか、ファイルサーバーのパフォーマンス劣化や管理の煩雑さに頭を悩ませる企業も多いのではないだろうか。また、働き方改革を進めるに当たり、社員が自宅などどこからでもデータを共有して仕事ができるようにするニーズも高まっている。

日本を代表するベンチャーキャピタルであるジャフコも、以前は同様の課題を抱えていた。しかし同社では、社員個人の能力を最大限に引き出すために情報基盤を刷新するのに合わせて、既存ファイルサーバーからクラウド・コンテンツ管理プラットフォーム「Box」へと移行。社員がどこからでも、どのデバイスからでも利用できる「コンテンツ共有基盤」として活用することで、働き方改革を一挙に推し進めることに成功したのである。

本資料には、同社がかつて情報共有に関してどのような課題を抱え、それらの課題を「Box」導入によっていかにして解決したかの過程が、担当者の生の声とともに収められている。自分の端末さえあれば、どこにいても他の人とのコミュニケーションを行うことができ、いつでも必要なファイルにアクセスできる環境を整えることで、同社のビジネスがいかに飛躍したのか─是非自身の目で確かめていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]