ホワイトペーパー

リスクと利便性の天秤--安全にクラウドサービスを利用するためには

マクニカネットワークス株式会社/株式会社シマンテック 2017年10月16日

企業にとって情報漏えいは、多額の賠償金や信用失墜など大きなダメージが予想される。個人情報の管理についての法令はGDPRなどをはじめ、近年、各国で厳しくなる傾向があり、その点でもリスクは大きい。

そのリスクを大きくする懸念の1つが「シャドーIT」だ。例えば、ファイル共有などの便利なクラウドサービスを、現場が独自判断で利用している場合も少なくない。

サービス提供には、一般的な企業のサーバ室に比べて物理セキュリティに優れるデータセンターが使われていることが多いとはいえ、そのアプリケーションの設計・運用まで含めて考えると、必ずしも安全とは言い切れないものも存在している。もしそこに脆弱性が放置されるなどしていれば、セキュリティ上のリスクになりかねない。

シャドーITは一般的に許されるものではないが、常に適切なサービスをIT部門や企業が用意することも現実的には難しいケースも多い。そうした場合に、リスクに対して適切な対策を講じる必要がある。
その対処方法の詳細はダウンロードしご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)