編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

自社に近いユースケースを参考に、マーケティングプラットフォーム構築のポイントを知る

株式会社電通国際情報サービス 2021-12-06

消費者が求める顧客体験を提供するために、多くの企業では様々なチャネルで消費者と繋がり膨大なデータを取得し始めている。最適な顧客体験を提供するには、こうした膨大なデータを収集して分析や検証を行い、消費者一人ひとりの顧客理解を深める必要があるのだ。そして顧客理解を深める為には、企業が保持している様々な顧客データを統合するとともに、場合によっては外部データを活用する必要がある。そこで「Snowflake」によりマーケテイングデータプラットフォームを構築することで、マルチクラウドに対応しニーズに合わせた柔軟性、安全なデータ共有、秒単位の課金などを可能とし、企業のデータドリブンマーケティングを加速していくのである。本資料では、背景の異なる3つのユースケースを想定し、いかにしてSnowflakeでマーケティングデータプラットフォームを構築し、それぞれの課題を解決できるかについて解説している。あらゆる企業にとって、デジタルマーケティングを推進するうえで大いに参考になることだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]