ホワイトペーパー

ファイル形式を問わず丸ごと保護!外部と共有した機密情報、情報漏洩から守り続けるには?

活文(株式会社日立ソリューションズ) 2018年01月10日

今や製造業では、複数の取引先や海外拠点と連携しつつ「ものづくり」を進めるのが当然になってきています。

そこで重要となってくるのが外部と共有したデータのセキュリティ。
製品開発や製造の「あらゆる段階」の多種多様なデータを、どのように外部流出などのリスクから守るのか、本資料はその基本的な考え方と、具体的な取り組みとして「活文」による機密情報共有・活用ソリューションを紹介しています。

昨今のデータ保護で難しいのは、扱う情報の特性によって情報保護の方法や方針も柔軟に変えていく必要があるという点。「PDF化+暗号化」「VDI」など様々な手段がある中、最適な方法を個別に当てはめていくのは大変であり、そこに少しでも不備があれば重大な問題となります。

本資料は、「利用シーンで選ぶ最適な情報保護ソリューション」という形で分かりやすいケーススタディをまとめたうえで、既存の方法の長所や弱点を紹介。例えばVDIなら、リモート接続しなくてはならない点が課題となります。DRMはファイル形式が限定されるデメリットがあります。

一方、活文はファイル形式を問わず丸ごと保護することができる「機密環境」を提供。「機密環境」は自社から「利用停止」することもできるので、取引先とも安全な情報共有を実現できます。

詳しくは、ダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)