ホワイトペーパー

【事例】コスト・性能・使い勝手を全部叶える!中外テクノスが実現した仮想化基盤用ストレージ導入術とは

ネットワールド(Dell EMC) 2019年03月04日

いま多くの企業がシステムの仮想化を進め、さらなるデジタル変革の時代に向けた最適化にも着手している状況だ。こうした段階で意識されてくるのが、システム全体のパフォーマンスを左右するストレージ環境だ。

本資料ではストレージ刷新の成功事例として、総合検査会社の中外テクノスの取り組みを紹介する。同社は2012年にシステムを全面的にVMwareの仮想化基盤へ移行済だったが、増え続けるデータによるストレージ容量と性能の不足を感じていた。そこで投資対効果を慎重に考慮しつつ、今後の事業を支えるストレージ環境を模索した結果、採用したのがユニファイドストレージで定評のあるDell EMC Unityだ。

「非常にコストパフォーマンスに優れたストレージでした」と担当者は語っており、性能・容量の課題をクリアしつつ、運用管理面で負担が非常に少なかったことが大きな決め手になったという。

「ラインナップで最もベーシックな構成でもパフォーマンスは十分」と評価は高く、今後の余力を大きく残したスモールスタートに成功している。ぜひ取り組みの成功ポイントを資料で詳細にご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]