ホワイトペーパー

6割近い組織がオンプレミスのITインフラ戦略を描いていた!─最適なストレージのかたちを探る

Dell EMC 2018年05月02日

ITエコシステムは急速に変化しており、各種クラウドサービスの活用も進んでいる。しかしながらESGラボの調査から、57%の組織では未だに最適な組合せのハードウェアを使用したオンプレミスのITインフラ戦略を描いていることが明らかになった。また同社の別の調査では、IT関連支出にまつわるコスト削減圧力がさらに強まっていることも判明した。

そうしたなか同社が実施したのが、ミッドレンジの直接接続型またはSAN接続型ブロック ストレージ アレイ「Dell EMC SC5020」の徹底検証だ。なぜなら同製品をはじめとしたSCシリーズは、中規模の予算かつリソース不足の組織であっても、エンタープライズ・クラスのストレージサービスを提供する性能・機能を有しているからである。

検証テストの結果からは、より高速なプロセッサー、より多いメモリ、そしてアレイ全体の容量に対して有効な機能を備えるとともに、コストを抑えたSCシリーズ製品の実力をうかがい知ることができるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]