ホワイトペーパー

DevOpsとITインフラの“ギャップ”解消で「迅速化」「リスク軽減」「コスト削減」の同時実現を

レッドハット株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2018年06月04日

アプリケーション開発ライフサイクルを迅速化するDevOpsに多くの企業が取り組むようになったものの、ある段階で「ITインフラ」という壁にぶつかるケースが多いのも現実だ。なぜならば安定稼働に重きを置くITインフラはこれまで「迅速性」とは縁遠いものだったからだ。

デジタルトランスフォーメーションによりビジネスを加速させるには、アプリケーションのライフサイクルだけを早めても効果は薄い。ITインフラについても、リスクを抑えつつ迅速さを高めていかねばならない。

こうした課題を踏まえて確立されてきたのが、DevOpsのスピードに追随できる迅速さと、これまで以上のリスク削減、さらにコスト削減を同時に実現できるInfrastructure as Codeの手法だ。そしてInfrastructure as Codeが大きな効果を発揮するには、インフラへのさまざまな要求に対し、より迅速かつ柔軟に対応できる基盤が必要になる。現時点でその最適解となるのが「コンポーザブルインフラ」と呼ばれる製品だ。

本資料では、HPEのコンポーザブルインフラ「Synergy」とAnsibleとの組み合わせでハードウェアから一貫したInfrastructure as Code を実践するためのアプローチが詳述している。真のハイブリッドITを実現する最適解をぜひ見出していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]