ホワイトペーパー

ストレージの運用保守の煩わしさに悩む管理者が続出!解決策を漫画・イラストを使って教えます

ネットワールド(HPE) 2019年01月30日

意外と見落としがちだが、情報システム担当者が口を揃えて打ち明ける悩みが、ストレージの運用・保守の煩わしさだ。ストレージの運用・保守については、導入前の選定時に重要視されることはままあるものの、結局は導入後に問題が発生し管理者の負担となってしまケースが非常に多いのだ。

ここで気をつけていただきたいのが、ストレージ製品の初期導入コストはもちろん大事なポイントだが、導入後に思いのほか運用・保守コストがかかってしまったのではまったく意味がないという点である。つまり、運用・保守コストも含めたトータルでコストを抑えられるようなストレージ製品を選定することが重要になってくるのである。

本資料には、ストレージ運用・保守に関するトラブルの“あるある”ネタと合わせて、そうしたトラブルが少なく、手間のかからないストレージとして様々な課題を解決してきたHPEの自律型ストレージ「HPE Nimble Storage」のトラブルが少ないその理由や最新情報、選定ポイントなどを漫画・イラストを用いて分かりやすく解説している。ストレージ運用・保守の悩みから解放する第一歩となること間違いなしだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]