編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

業務が回らないネットワーク分離をアップデート!必要なデータはリアルタイムアクセス

NTTテクノクロス(crossway) 2019-03-13

自治体などで広がっている、インターネット通信を分離する形のセキュリティ。だが業務の現場では「使い勝手の悪さ」への不満も、一部広がり始めている状況だ。

最大の不満は、参照の多い重要データへのアクセス性が低下するケースだ。
今までリアルタイム・オンデマンドで参照していた会員や顧客などのデータが、ネットワーク分離によってファイルベースの同期になったり、直接アクセスが禁じられたりする。その結果横行するのが、現場職員によるUSBメモリによるデータコピー、といった具合だ。仮にUSBメモリがセキュアな正式のデバイスだったとしても、すっきりしない解決策だ。

本資料は、こうした壁にぶつかっているセキュリティ担当者には光明となる、NTTテクノクロスの「Crosswayデータブリッジ」の詳細だ。物理分離されたネットワーク間で「限られた情報の取り出し」を実現するのは次のような手法である。

 ・ TCP/IPが通らない環境は維持しつつ、特定データの通信は許可する
     ⇒ 分離されたネットワークどうしをUSBケーブルで接続することで実現

そして以下、入念にセキュリティを確保するような工夫がなされている。
・接続するユーザ、端末、時間の制約を設定
 ・ウィルススキャンやファイルの無害化といったオプション

といった具合だ。ぜひ細部については、資料の全文をダウンロードし、ご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]