編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

コンテナでステートフルアプリケーションを活用、Pure StorageのCSI対応状況を徹底解説する

ネットワールド(Pure Storage) 2021-09-16

コンテナオーケストレータのKubernetesでストレージを扱うための規格CSI(Container Storage Interface)が正式にリリースされた。これにより、エンタープライズストレージをコンテナの永続ストレージに利用することや、ステートフルアプリケーションに利用することが容易になった。そんななか「コンテナで利用できるステートフルアプリケーションはどんなものがあるのか」「コンテナ環境でのストレージへの負荷はどう変わるのか」といった疑問の声も増えてきた。本動画では「Kubernetesとストレージ~PureでCSIたたいてみた!~」と題して、ネットワールドのエンジニアが、Pure Storage上でKubernetesのデータマネジメントを具体的にどのように行なっていくかをテクニカルに解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]