編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

【事例】リストア時間を約95%削減!オンプレとクラウドの一元データ管理に成功した中央大学

ヴィーム・ソフトウェア株式会社 2020-05-27

あらゆるサービスのIT化が進むなか、組織が抱えるデータ容量の増大も年々加速している。加えてパブリッククラウドの活用や仮想基盤への集約も多くの組織において進められている。このような状況下で障壁となりがちなのが、バックアップだ。データの大容量化やインフラ環境の変化に対し、従来のバックアップソフトウェアではバックアップ/リストアに時間がかかりすぎたり、コストが増大したりといった問題を抱えがちなのである。

最近まで同様の問題に悩んでいたのが、130年以上の伝統を誇る中央大学である。しかし同大学では様々な製品を吟味した結果、解決策としてVeeam 社の「Veeam Backup & Replication (VBR)」の採用を決定。その結果、学内仮想基盤とOffice 365のデータマネジメント環境を一元化することに成功したのである。

本資料には、運用管理工数を約3分の1に削減、障害時の復旧時間を最大約95%短縮など、中央大学がVBRを導入することで数々の成果をあげるまでの道のりが、担当者の方々の言葉とともに収められている。まずは一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]