編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

Capture Security Appliance 1000

ソニックウォール・ジャパン株式会社 2020-08-27

クラウドでの解析のためのファイル送信がコンプライアンスおよびポリシーにより禁止されている、または全データを自社組織内に留め置きたいお客様向に、SonicWall Capture Security appliance™(CSa)はCapture Advanced Threat Protection™ (ATP) およびサンドボックス・マルウェア解析機能をオンプレミスにて提供いたします。CSa 1000は、他のSonicWall製品から送られてくる不審なファイルを解析し、お客様がファイルを保持したまま、これまでは検知できなかった脅威を迅速かつ高精度に検出することができます。さらに、CSaのREST API機能により、脅威インテリジェンスチーム、サードパーティのセキュリティシステム、公開APIとの統合が可能なソフトウェアスタックがこの非常に効果的なファイル解析機能の利点を利用できるようになります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]