編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

【事例】データ活用基盤をクラウドで構築し、データドリブン経営を実現した日本セレモニー

日本オラクル株式会社(Oracle Cloud) 2019-11-29

“データドリブン経営”が叫ばれる昨今だが、現実に目を向ければ、業務の属人化やデータの分散などによって、多くのスタッフが日々資料の整理に追われているという企業は多々存在していることだろう。これではデータドリブンとは程遠い状況にあるのは明白だ。
日本全国で冠婚葬祭関連のサービスを展開する日本セレモニーも、かつて同様の課題を抱えており、ビジネスの現状把握にも時間がかかっていた。しかし、データドリブンな経営を実践し顧客満足度を高めようと、同社ではオラクルのクラウドをベースにデータ活用基盤を構築。ビジネスの動きを同じ軸で見られるようになるとともに、資料作成の負荷が減り、攻めの施策に取り組みやすくなるなど、既にさまざまな効果が表れている。

本資料には、データドリブン経営の環境を整えた次のステップとして、AIを活用してさらなる顧客満足度向上にも取り組もうとしている同社の取り組みの経緯が、担当者の声とともに収められている。ぜひデータドリブン経営実現のヒントとしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]