編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

ホワイトペーパー

【姫路市事例】オールフラッシュと遜色ないハイブリッドストレージで高度なIT活用をスムーズに推進

シネックスジャパン株式会社(CB) 2020-01-30

姫路市では、導入から数十年を経て使用していた大型汎用機に替わり、情報システム最適化計画を立て、システムの再構築に取り組んできた。同市では、2015年にUTMやSOCサービスの導入、2016年には生体認証(顔認証)を導入するなど、先進的な取り組みを行ってきた。また自治体セキュリティ強靭化対策として仮想デスクトップ技術を採用した。しかし、調達の結果従来型のハードディスクのみのストレージとなり、本稼働時のレスポンス遅延により、仮想デスクトップの利用は中止となってしまった。

同市では、先進的な取り組みを止めてはならないと、解決のためにHPE Nimble Storageを採用。導入後、2018年4月の本格稼働から、今まで利用していたシステムが体感で明らかに速くなり、オールフラッシュ並みの速度で実稼働していることも確認できている。容量の有効活用が図れる上に、パフォーマンスの状況やその推移がよく見てとれるため、総合的に費用対効果が高いと評価されている。

本資料は、同市のIT戦略にHPE Nimble Storageがいかに貢献しているかを具体的に解説、さらに他社ストレージ製品からの切り替えが進んでいる背景について、コストとパフォーマンスの両面から説明している。ストレージの選定に苦慮しているユーザーにとっても役立つ資料と言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]