編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ホワイトペーパー

いまこそシステムの可用性を考える-自動化/機械学習を活用したデジタル時代の止まらないIT運用

ユニアデックス株式会社/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2020-12-23

バックエンド運用から新しい製品、サービス、顧客体験の提供にいたるまで、すべての分野の企業があらゆる処理をアプリケーションが担っている。そのため、システムインフラの可用性と計画外のダウンタイムを解消することが、従来よりも重要視されている。

また、さまざまな業界でデジタル化が進んだことで、システムダウンへの対応コストは今後さらに増加すると予想される。そのため、システム性能の評価基準の1つである「可用性」がより重視されるようになった。

システムの可用性を向上し、ダウンタイムのない運用サイクルを確立するために必要なこととは? 以下の資料では、機械学習を活用した予測分析が実現するダウンタイムの回避・自動回避のアプローチを解説。99.9999%を超える可用性を実現した事例を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]