ホワイトペーパー

ビデオ会議、ビジネスコラボレーションツールの新たな選択肢「Avaya Spaces」の中身

シネックスジャパン株式会社(AVAYA) 2020-07-31

多数の企業で導入が進んでいるテレワーク環境で、現在最もニーズが高いのは、オンライン会議用のツールだろう。しかし、すべてのツールが必ずしも自社のコンプライアンスや予算規模、従業員のリテラシーに合致しているとは限らない。そんななか、簡単に、低コストで、より安心して使えるツールとして新たに登場したのが、ビデオ・音声チャット機能を含むビジネスコラボレーションツール「Avaya(アバイア)Spaces」だ。

 最大で500人が同時にビデオ・音声チャットでやりとりできるだけでなく、テキストチャット、ファイル共有、タスク管理といった組織内コミュニケーションに便利な機能が1つにまとまっている。パソコン(Web)とモバイル(アプリ)の両方に対応し、最初の90日間は無償利用が可能で、自分たちの業務に合った使い方ができるかどうかじっくり確認できるようにもなっている。

 この「Avaya Spaces」がどのような手順で使えるのか、どういった使い方が可能になっているのか、類似のビデオ会議ツールやコラボレーションツールにはない「Avaya Spaces」ならではのメリットなども交えて、詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]