編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

山形銀行がVMware vSANベースのHCIを導入!新分野へ進出するための基盤の選定理由とは?

株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社 2020-08-18

山形銀行は、乱立していた物理サーバの運用を効率化するため、日立製作所の「かんたん仮想化モデル」で業務システムを集約した。だが、仮想化の対象となるシステムが増え、バックアップのリソース枯渇が懸念され始めた。課題解決のため、仮想化基盤の刷新を検討、ストレージの仮想化を進めるVMware vSANをベースにしたHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)の導入に踏み切った。HCIは、各物理サーバの内蔵ストレージを集約し、1つの仮想ストレージとして利用できる。リソースの拡張性の高さと移行の容易さが選定の決め手となった。この資料では、FinTech対応など新分野への投資を検討する山形銀行が、日立の提案でHCI導入を決意した理由が詳しく分かる。ぜひ目を通していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]