編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ホワイトペーパー

【事例】仮想化環境におけるコストと運用負荷の課題をインフラリソース最適化で解決したICU

SB C&S株式会社/ヴイエムウェア株式会社 2020-08-18

東日本大震災をきっかけにBCP対策は組織にとって欠かせないものとなった。BCP環境を整えるには、点在する物理サーバーを仮想化統合した上での基盤の二重化が一般的なアプローチとな言えるだろう。ただし、このままでは大きな問題にぶつかる組織も少なくないのが現実だ。なぜならば、基盤の二重化によって冗長性は高まるのは確かだが、一方で災害時以外に使われないバックアップ環境の保守コストや、担当者による管理の負荷はその分増えることになるからだ。

国際基督教大学でもかつて同様の課題を抱えていた。しかし同大学では、ハードウェアの更新を機にSB C&Sが提供するアセスメントサービス「仮想化健康診断」を実施し、その結果をもとに、VMware vSANをベースとしたハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入することで、リソースの最適化やストレージ運用の簡素化、そしてインフラコストの圧縮といった成果を出すことができたのである。

本資料では、いかにして国際基督教大学が、HCIによるストレージの冗長性と優れた拡張性を手に入れ、インフラリソースを最適化することで、仮想化環境の課題を解決したのか、その経緯を担当者の言葉とともに解説している。ぜひご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]