編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

中堅企業で採用が始まるハイパーコンバージドインフラ!決め手はデータ量の徹底削減と迅速なDR環境の構築

株式会社ネットワールド/日本ヒューレット・パッカード株式会社 2020-08-27

大手企業にとどまらず、中堅企業でハイパーコンパージドインフラ(HCI)を導入するケースが増えてきている。HCIはx86サーバーにコンピュータ機能とストレージ機能を統合し、シンプルな構成を実現した仮想化基盤だ。HCI導入の背景には、保守対象となるサーバー機器の増加にIT部門の限られた人員で対応するという課題がある。今後もデータ量の増加とともに、ストレージ関連コストの負担も重くなる。地震や豪雨など自然災害への備えとして、費用を抑えながらDR環境を構築する必要がある。HPEは有力な解決策としてHCIアプライアンス「HPE SimpliVity」を提供する。

この資料では、重複排除やデータ圧縮の常時利用でストレージ容量を削減するHPE SimpliVityの特徴を、事例も交えながら詳しく解説している。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]