編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

3種類の主要方式を徹底比較、本人確認書類業務を効率化する「マスキング処理の最適解」

株式会社ショーケース 2021-05-06

急速にオンライン取引が普及する中、なりすましによる犯罪も多く散見されるようになった。本人確認の重要性は増しており、身分証明書の提示が求められる機会も増えてきている。一方で身分証明書には本人確認には不要な機微情報や要配慮情報も多く含まれており、それらの情報には第三者取得制限が設けられている。

2020年10月には「医療保険法」の改正によって健康保険証上の被保険者等記号・番号などの告知要求が制限され、違反した場合には事業者側に罰則が科せられることが決定された。多くの事業者は法改正に対応すべく、顧客へマスキングを要請したり、人力でマスキング処理をせざるを得ない状況となっている。

今後、こういった負担はさらに増えることが予想されている。効率的に不要な情報を取得しないよう対応するためにはどうすればいいのか。以下の資料では、3種類の主なマスキング方法の特徴やメリット・デメリットを紹介するとともに、コスト、ユーザー・事業者の負担、精度などの観点で比較し、最適なマスキング方法の選択について解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]