編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ホワイトペーパー

マルチクラウド活用のメリットを最大化できる「システム運用・監視体制」改善方法とは?

パロアルトネットワークス株式会社/SCSK株式会社 2021-06-10

多くの企業が、複数のパブリッククラウドを組み合わせてシステム基盤を構築・運用している。クラウド利用の代表的なメリットとしては「柔軟性の高さ」が挙げられる。特に、昨今のコロナ禍におけるテレワーク需要の拡大によって、ハードウェア調達や設定、保守作業などがなくても、従業員に業務環境を迅速に提供できる点が重宝されている。

一方で、システム管理部門では、マルチクラウド環境のアカウント管理や利用状況の把握、監視などの管理工数が増大してきた。たとえば、各部門やユーザーが個別にクラウドサービスを利用することで、企業全体のガバナンスやリスクコントロールが難しくなりつつある。

企業の競争力を高める有効施策であるクラウド活用だが、適切なガバナンス体制やセキュリティ確保が前提になければ、ビジネス上の重大なリスクの温床にもなりかねない。以下の資料では、急速に進むクラウド化に伴うシステム運用上の課題を掘り下げ、その最適な解決策を提案する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]