編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

ヤフーがマイクロサービスに移行した理由、キーマンが語るさまざまな導入効果

ヴイエムウェア株式会社(ハイブリッドクラウド) 2021-06-17

Yahoo! JAPANを運営するヤフーは、ユーザーニーズに素早く対応するため、開発の効率化とスピード化を実現できるマイクロサービスアーキテクチャへの刷新を進めた。物理サーバ環境から仮想環境への移行を進め、リソースの有効活用と効率化を推進していく中、マイクロサービス化を実現するコンテナ基盤としてVMware Tanzu Application Serviceを採用。ヤフーの開発・運用を支える重要な存在になっている。導入前の課題として、OS のパッチ当てなど付加価値の低い作業が多い、仮想マシンの操作など開発業務以外の作業負荷の大きさ、機能ごとに細分化された開発と運用体制などを挙げていた。この資料では、ヤフーが最先端のサービスを維持、進化させるために、アーキテクチャや文化の改善を実施している様子を、CTO室アプリ統括部部長の西磨翁氏などヤフーのキーマンが自ら振り返り、成功要因を語っている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]